1. みやもとむさし
  2. まちのじまん
  3. トップページ
宮本武蔵

歴史の超有名人!

剣の達人!

「剣聖(けんせい)」と呼ばれた剣の達人です。「二刀流」と呼ばれる二つの刀を用いる兵法(へいほう)「二天一流(にてんいちりゅう)」を生みだしました。
武蔵は、1584年に美作市宮本で生まれたとされ、周辺は「武蔵の里」として整備されています。

13才のとき、初の戦いで勝利してから、諸国(しょこく)を巡(めぐ)って剣の道一筋に修行(しゅぎょう)しました。京都での吉岡一門との戦いを初めに、29才で船島(巌流島(がんりゅうじま))で佐々木小次郎(ささきこじろう)と決闘(けっとう)する間、60数度の勝負に一度も負けなかったと伝えられています。 記念碑
宮本武蔵生誕記念碑(ひ)(左)と生家(せいか)跡(右)

宮本武蔵資料館内(左)と武蔵自作の絵(右)

「五輪書(ごりんのしょ)」「兵道鏡(へいどうきょう)」「独行道(どっこうどう)」などを書き上げました。また、書・絵・彫刻・工芸にも優れた数多くの作品を遺(のこ)しています。
1645(正保2)年5月19日、熊本で、62歳の生涯(しょうがい)を閉じました。
武蔵武道館武蔵の里エリアのシンボルとして建設されました。全国の剣士が集まり、剣道の大会が開催(かいさい)されます。
讃甘(さのも)神社武蔵が、宮司(ぐうじ)の2本の太鼓のバチさばきをヒントに二刀流を思いついたと言われています。

武蔵が修行へ旅立つ際に飲んだという「一貫清水(いっかんしみず)」や、「武蔵のお墓」、武蔵をまつった「武蔵神社」など、ゆかりの名所があるよ。

 
宮本武蔵はたくさんの本や
映画、テレビ番組の題材になって
いるんじゃ。剣術だけではなく、
文学・芸術にも秀(ひい)でた
人物なんじゃよ。

武蔵武道館の屋根は
刀のつばを デザイン
したんだって。

もどる つぎへ とじる