現在の位置

平成27年8月の介護保険制度改正について

 平成27年8月から介護保険に関する制度が改正されました。主な内容は、以下のとおりです。詳細は、ページ末の関連ファイルリンク先に掲載しているリーフレットでご確認ください。

一定所得以上の方は介護サービスの利用者負担が2割になりました

 65歳以上(第1号被保険者)で一定所得以上の方は介護保険サービスを利用する時の自己負担が2割になりました。

2割負担となる方

 本人の合計所得金額160万円以上の方。ただし、年金収入とその他の合計所得金額の合計額が単身で280万円未満、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上いる世帯で346万円未満の方は1割負担のままとなります。

負担割合証

 要介護(要支援)認定を受けている方に利用者の負担割合(1割または2割)を示す「介護保険負担割合証」(薄黄緑色)を交付します。制度上の有効期限は8月1日から翌年7月31日までの1年間です。

 介護保険のサービスを利用する際は、「介護保険被保険者証」(橙色)とともに「介護保険負担割合証」(薄黄緑色)を必ずサービス事業者に提示してください。

介護施設の食費と部屋代の負担軽減の基準が変わります

 介護保険施設(介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、)やショートステイを利用している低所得の方は、食費と部屋代の負担軽減が行われていますが、これまでの住民税非課税世帯という要件の他に以下の2つの要件が追加されました。

  1. 配偶者の世帯が違っている場合であっても、配偶者が住民税非課税であること
  2. 預貯金等の資産が一定額(単身1000万円、夫婦2000万円)以下であること

高額介護サービス費の限度額の一部見直しについて

 1か月に支払った介護保険の利用者負担が一定額を超えたときに支給される「高額介護サービス費」について、医療保険の現役並み所得に相当する方の限度額が、37,200円(月額)から44,000円(月額)に引き上げられました。

  • 現役並み所得者・・・同一世帯に課税所得金額145万円以上の65歳以上の方がいて、世帯内の65歳以上の方の収入合計が単身で383万円以上、2人以上で520万円以上の方

 課税所得金額145万円以上であっても、収入が上記の要件に該当しない場合、その旨を市に申請することで、限度額が37.200円になります。

 対象となる可能性のある方には、申請用紙(基準収入額適用申請書)を送付しますので、該当となる場合は申請してください。

特別養護老人ホームの部屋代の負担の見直しが行われました

 特別養護老人ホームの相部屋(多床室)に入所する方は,室料相当の額を負担していただくことになります。

 食費・部屋代の負担軽減を受けていない方が対象になります。(食費・部屋代の負担軽減を受ける方の部屋代は変わりません。)

 具体的な相部屋代のご負担額は,各施設にお問い合わせください。

 

一定以上所得者の利用者負担見直しについて(PDF:417.3KB)

食費・部屋代の負担軽減見直しについて(PDF:299KB)

高額介護サービス費の上限額見直しについて(PDF:449.8KB)

特別養護老人ホームの相部屋(多床室)の見直しについて(PDF:508.8KB)

お問い合わせ
保健福祉部 高齢者福祉課
〒707-0014 岡山県美作市北山390番地2
電話番号:0868-75-3912
ファックス:0868-72-7702
お問い合わせフォーム

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。