現在の位置

【新型コロナ】美作市長からのメッセージ(4月24日)

美作市の対策方針(4月24日現在)

本日開催した、「美作市新型コロナウイルス感染症予防・経済対策本部」において、次の事項について協議し、方針等を決定しましたのでお知らせします。

緊急対策補正予算が可決

本日開催された、令和2年度第2回4月臨時議会において、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対策にかかる3億円超の一般会計補正予算が可決されました。

国では、リーマンショック時を上回る強大な政策パッケージが編成されておりますが、市内における経済実態を考慮すると、現在までに明らかになっている国の対策では、中小零細企業への対応としては、不十分といわざるを得ません。

また、対策がお困りの方々に実際に届くためには、簡単な手続きによる迅速な施策の実施が必要であり、この点においても、国の対応は不十分であると考えることから、市独自の経済対策等を、速やかに実施するための予算編成となっております。

対策本部会議において、具体的な手続き、スケジュール等を確認し、可能な限り早期に給付や融資が実行できるよう取り組みを進めることを徹底しました。

経済支援対策の概要

中国市長会WEB会議で開催

中国市長会(会長:美作市長)では、中国地区の各市が直面している重要課題について研究討議を行うことを目的として、54市が一堂に会する総会を毎年5月に開催しております。

本年度は、美作市で開催する予定でしたが、今般の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ、参加者の安全性を最大限に確保した上で協議が行えるよう、5月12日(火曜日)に、WEB会議で開催することを提案しております。

各種の会議が、書面表決等で行われている中、この度のWEB会議は、有事の際の自治体間の会議のあり方として先駆的な事例になるものと考えており、高市総務大臣へも来賓参加の案内を送付しております。

新型コロナ対策部署に職員増員

国が、新型コロナウイルス対策支援制度として行う、特別定額給付金(一律10万円)の事務処理をいち早く行うため、担当部署の増員のための人事異動を5月1日付けで発令します。

休業などで収入が途絶えた方々への支援は急を要することから、迅速な支給に努めることとします。

抗体検査の実施を検討

新型コロナウイルスの感染実態把握に有効とされている、抗体検査について美作市においても実施することを検討しており、関係部局に指示をしました。

抗体は、体内に侵入したウイルスから体を守るために作られる物質で、免疫が備わっているかを調べることで、過度な心配をすることなく生活に必要な活動の継続につながるものと考えております。

マスクの贈呈に感謝

美作市では、「マスク自給大作戦」として手作りマスクの作成を市民の皆様に推奨し、市民の方々よりたくさんの温かいご寄付をいただいています。

また、先日、ベトナム国のイエンバイ省から2万枚の医療用マスクの贈呈をいただき、予防資材の備蓄については一定量確保することができています。

幸い、市内においては新型コロナウイルスの感染者が確認されていないこともあり、政府から配布していただくマスクについては、全国的に緊急性が高く、感染拡大が顕著な地域の状況を勘案して、真に必要としている地域に優先的に配布していただくよう、厚生労働大臣あてに申し入れを行っております。