現在の位置

【新型コロナ】手作りマスクの作り方(動画あり)

新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクの売り切れが続いています。ハンカチやガーゼを使って、自分で作ってマスク不足を乗り切りましょう。

【繰り返し使えるマスク】
 このマスクは洗濯することで繰り返し使えます。
 合わせて、薄めた漂白剤などで消毒液につけていただくとさらに衛生的です。

手作りマスクの消毒の仕方(ページ内移動)

簡単20分でできる!立体マスク

用意するもの

  • ダブルガーゼ(さらし、シーツ、ハンカチなどで代用可能)
  • ヘアゴムや手芸ゴムなどのゴム2本(1本30センチメートルくらい)
  • 型紙(別添の「マスクの型紙」PDFをダウンロードし印刷したもの)

作り方

1.型紙に合わせて布を切る

布を切る 型(別紙)に合わせて布を切る

  • Aを2枚
  • Bを2枚

 計4枚用意

 
 

 

 

 

2.それぞれ2枚を縫い合わす

縫い合わす A、Bそれぞれ「中表」にしてカーブ部分(点線部分)を縫い合わす。

  • 縫い代:約1センチメートル
    (縫い代の幅でサイズを調整してください。)

 

 

3.AとBを縫い合わす

縫い合わす AとBを広げて、中表にし左のように重ね合わせ、上と下(点線部分)を縫い合わして筒状にする。

  • 縫い代:約1センチメートル

 

 

 

4.ゴムを通せるように縫う

ABを縫い合わす 上記3をひっくり返し(表にし)両端を折り返してゴムを通せるように点線部分を縫う。

 

 

 

5.ゴムを通して出来上がり

できあがり 折り返した部分にゴムを通して出来上がり。

 

 

 

 

 

 

「ないなら作ろう!マスク自給大作戦」動画配信

マスクの作り方を動画で配信しました。

動画を見ながら作るとよりわかりやすく、簡単に出来上がります。

視聴方法

下の画像をクリックしてください。動画サイト「YOUTUBE」で視聴できます。

マスクの作り方(動画)

注:4分の動画です。

型紙PDF

次の型紙のPDFをダウンロード、印刷して利用してください。

また、他のマスクの作り方も掲載しています。下記の「マスクの作り方」をご参照してください。

マスクの型紙(A4-一般サイズ) (PDF:398.2KB)

マスクの作り方(他の作り方も掲載しています) (PDF:681.2KB)

注:本ページ「マスクの作り方」で掲載した写真や型紙等の印刷、転写については、非営利目的で利用される場合は、ご自由にお使いください。

手作りマスクの消毒の仕方

この手作りマスクは、洗濯することで、繰り返し使えます。 また、薄めた漂白剤等につけていただくとさらに衛生的です。
(消毒液作成の際は、使用される漂白剤の使用上の注意をよくご理解したうえ、使用してください。)

「手作りマスク」消毒の仕方

1.消毒液を作る

次亜塩素酸ナトリウムの希釈液200ppmを用意する。

次亜塩素酸ナトリウム希釈液200ppmとは、0.02%の塩素濃度溶液

  1. 原液濃度5%の漂白剤の場合…漂白剤4mlに水を足し、1リットルにする。
  2. 原液濃度6%の漂白剤の場合…漂白剤3.3mlに水を足し、1リットルにする。

2.手作りマスクを消毒

洗濯された手作りマスクを、1で作った消毒液に入れ、5分間つける。

3.消毒液を洗い流す

水道水を使い、マスクについた消毒液を充分洗い流す。

4.乾燥すれば、終了

清潔なタオルなどに挟んで水分をとり、形を整え乾燥させれば、消毒終了。

消毒の際の注意事項
  1. 炊事用の手袋を使用する。(直に消毒液をさわらない)
  2. たくさんのマスクを一度に洗わない。
  3. 密閉できる容器で処理する。
  4. マスクを洗濯した後は、充分に手を洗う。

マスク、手袋等の洗浄・消毒マニュアル(文部科学省)

消毒がご自身でできない場合は

消毒がご自身でできない場合は、健康づくり推進課で滅菌された手作りマスクと交換します。

手作りマスクをご持参ください。

詳しくは、健康づくり推進課までご連絡ください。
電話:0868-75-3911

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。