現在の位置

火災予防

こんなところが危ない

火災は予防が第一

家ではこんなところに注意しよう。

コンセント

ほこりやごみがたまっていると、そこに火がつくことがあるので、コンセントのまわりは日ごろからよくそうじしておこう。たくさんのプラグをいっぺんにつないだり(タコ足配線)、コンセントが古くなると、熱をもつことがあるので危険

タバコ

消し忘れはもちろん、灰皿にすいがらがたくさんたまっていると危険。家族や大人が寝たばこや、たばこの火の不始末をしていたら、注意してあげよう。

金魚ばちなど

太陽光線があたり、金魚ばちやペットボトルがレンズと同じような働きをして、発火することがあるので危険。

コンロ

てんぷらなどあげ物を調理するときは、少しの間でも目をはなさないこと。火からはなれるときは、必ず火を消そう。また、コンロの火が衣服のそで口につかないように気をつけよう。

ライター、マッチ

小さい弟や妹がいる家では、いたずらできないよう、手のとどかないところにしまっておこう

ストーブ

火がついた状態で動かさないようにしよう。せんたく物や紙など燃えやすいものは、ストーブから十分にはなそう。スプレー缶はそばに置かないようにしよう。

おふろ

長時間わかしたままだったりすると、からだきとなり危険。

仏壇などのろうそく

 長い間つけっぱなしにしたり、近くに燃えやすいものがあると危険。

放火の予防

 出火原因のしめる割合に「放火」が増えつつあります。放火はなかなか予期しにくいですが、次のようなことに注意して、放火対策をしよう。

  • 家のまわりに新聞紙やごみなどの燃えやすいものはおかない。
  • ごみは収集日の朝に出すようにする。
  • 家のまわりは明るくしておく。

 花火の時の注意

  • 必ず大人といっしょにやろう。
  • 水を入れたバケツを用意し、終わったあとは、火が消えたと思っても、水をかけておこう。ゴミの始末もわすれずに。
  • 風の強いときはやめよう。
  • 危険なことはやめよう。

外出先、旅館

旅館などなれない所では、着いたらまず非常口を確認しよう。

とにかく火災を知らせよう

「火事だあ!」と大声でさけび、とにかくまわりの人に知らせます。声が出ないときは、やかんなどの金物をガンガンとたたくのも方法です。火災報知器や非常ベルがあれば、鳴らすようにしましょう。

火災を見つけたら
 火災と思われるような煙を見かけたり、助けを求める声を聞いたりした場合も、まずやはり大声でまわりの人に知らせましょう。

避難するときは

  • 服装や持ちものにこだわらず、とにかく早く逃げよう。
  • シーツや毛布を水にひたしてかぶるのも、炎から身を守る方法。
  • 小さい子ども、お年より、病気の人などをかばいながら避難しよう。

こわい煙

火災でこわいのは、火そのものよりも煙です。煙には一酸化炭素などの有毒ガスがふくまれていて、たくさんすいこむと意識がなくなるなど、とても危険です。

そして熱せられた煙は、あっという間に部屋中に充満し、階段などを伝わって上のほうに一気に広がっていきます。

煙のなかを逃げるときは

  • できるだけ姿勢を低く
  • ぬれたタオルやハンカチで口をおおって煙をすいこまないよう

こわい煙

消火器の使い方 

下記の手順で、消火器は利用できます。

消火器の使い方

安全ピン(栓)をぬく

左手でホースの先をつかんで火のほうに向ける。

右手で上のレバーと下のレバーをいっしょに強くにぎると消火剤が放出される。

 
 
お問い合わせ
消防本部 予防課
〒707-0024 岡山県美作市楢原下1100番地
電話番号:0868-72-2602
ファックス:0868-72-2699
お問い合わせフォーム