現在の位置

生後12~18か月ごろの離乳食

ゆっくり噛んで食べましょう

片側のほっぺを膨らませながら、しっかりと噛んでカミカミしている様子がわかりますか?
歯ぐきでつぶして飲み込めるようになったら、いろいろな食品を食べながら舌の使い方をマスターします。
1歳半くらいまでゆとりをみてあげましょう。

大人と一緒でも

大人とほぼ同じものが食べられるようになりますが、噛む力や消化能力はまだ弱いので、少し軟らかめ(歯ぐきで噛める硬さ)で、小さめにします。
噛んで味わって食べることで味覚が発達します。

幼児食まであと一歩

  • 生活のリズムを整え、朝・昼・夕の3回、時間を決めて与えましょう。
  • 牛乳やミルクはコップで飲む練習をします。
  • 味の濃いもの、香辛料や刺激の強いもの、消化の悪いもの以外はほとんどの食品が使えます。いろいろな食品を取り入れましょう。
  • 歯ぐきも固くなってきて、すりつぶす力も強くなってきます。
  • 奥歯が上下左右1本ずつの計4本生えると、しっかり噛んでつぶすことができるようになり、いよいよ離乳食は卒業です。

「ゆっくり噛んで食べようね」と声をかけてあげましょう

離乳完了までは、おっぱいやミルクを与えるのは決して悪いことではありません。
でも、おっぱいやミルクばかりでは栄養が偏ります。外遊びなどを十分にさせ、おなかをすかせて、しっかり食べるよう工夫しましょう。

食事の目安

  1. 穀類は軟飯90グラムまたはご飯80グラム
  2. 野菜・果物を40~50グラム
  3. 魚を15~20グラム、
    または肉を15~20グラム、
    または豆腐を50~55グラム、
    または全卵2分の1~3分の2、
    または乳製品100ミリリットル

離乳食おすすめレシピ

青菜おにぎり

  1. ゆでた青菜を細かく刻み、ご飯に混ぜてラップで包んでにぎります。

野菜のチーズ焼き

  1. 野菜(ほうれん草、玉ねぎ、にんじんなど)を刻んで、フライパンで妙め、とろけるチーズをのせて、ふたをして弱火で蒸します。

パンケーキ

  1. じゃがいも20グラム、にんじん10グラムはすりおろします。
  2. しらす干しは熱湯をかけ、ねぎはみじん切りにします。
  3. 小麦粉に卵と材料全部を加え、ドロッとした状態に混ぜ合わせます。
  4. フライパンにバターを溶かし、材料を丸く流して焼きます。

スイートポテト

  1. さつまいも60グラムは茹でてつぶします。
  2. さつまいもに砂糖5グラム、スキムミルク4グラム、バター5グラム、卵10グラムを加え手混ぜ合わせます。
  3. アルミカップにマッシュポテトを入れ、180度のオーブンで焼きます。

肉団子の酢豚風

  1. 合い挽き肉20グラムに片栗粉を混ぜ、2~3個の団子にして茹でます。
  2. 人参10グラム、玉ねぎ30グラム、しいたけ半個は1センチの角切り、さやえんどう2枚はせん切りにして茹でておきます。
  3. 人参、玉ねぎ、しいたけを炒め、だし汁50ミリリットルで柔らかく煮て、肉団子を加えてしょうゆ6グラム、酢5グラム、砂糖で調味します。
  4. 片栗粉でとろみをつけ、さやえんどうを加える。
お問い合わせ
保健福祉部 健康づくり推進課
〒707-0014 岡山県美作市北山390番地2
電話番号:0868-75-3911
ファックス:0868-72-7702
お問い合わせフォーム