現在の位置

生後9~11か月ごろの離乳食

カミカミおいしいね

口をモグモグとよく動かして、舌でつぶす食べ方をマスターしたら3回食に進めます。舌を左右にも動かせるようになるので、軟らかいものを歯ぐきでかじってカミカミ食べの時期です。この時期に硬いものを与えると丸呑みしたり、飲み込めずにロから出したりします。指でつぶせるような軟らかさに調理しましょう。

家族と一緒に食事タイム

  • 食事と食事の間は、最低3~4時間はあけるようにします。
  • 3回目の離乳食が夜8時を過ぎないようなら、家族と一緒に。
  • 栄養のバランスを考えて、大人からの取り分けたものを。でも、うす味に!
  • 1回の量は5倍がゆ90グラムです。

汚されるのは覚悟で

食べ物を手でこねまわしたり、遊び食べが目立ってきますが、これも食べ物への興味の現れで、発達の過程です。手で持って食べられるよう、スティック状や一口大にしてみましょう。おなかがすいてから食べると、食べたい、おいしいという気持ちが芽生えます。

食事の目安

  1. 穀類は5倍がゆ90グラム、または軟飯80グラム
  2. 野菜・果物を30~40グラム
  3. 魚を15グラム、
    または肉を15グラム、
    または豆腐を45グラム、
    または全卵2分の1、
    または乳製品80ミリリットル

離乳食おすすめレシピ

5倍がゆ

  1. 米の5倍量の水で炊きます(ごはんから炊くときは2.5倍の水で)。

フレンチトースト

  1. 食パンはミミを取って短冊に切り、溶き卵と牛乳、砂糖を合わせたものに浸けておきます。
  2. バターで表面を焼きます。

白身魚のムニエル

  1. 魚は皮と骨を除いておき、にんじん・ピーマンはみじん切りにして、茹でておきます。
  2. 溶き卵にゆでた野菜を混ぜ合わせます。
  3. 魚に小麦粉をふって浸けます。バターで表面を焼きます。

ハンバーグ

  1. みじん切りした野菜を炒めます。
  2. ミンチ肉、野菜と豆腐をよく混ぜます。
  3. 小さく丸めて焼きます。

白和え

  1. 豆腐30グラムは茹でて水気を絞り、なめらかによくすり、砂糖ひとつまみ、ごま、塩で調味する。
  2. ほうれん草は熱湯で茹でて、細かく切ります。にんじんは小さめのせん切りにして、柔らかく茹でます。
  3. なめらかにすり、調味した豆腐で、ほうれん草とにんじんを和えます。

さつま芋とりんごの重ね煮

  1. さつまいも30グラムの皮をむき5ミリ厚さに切り、水に放します。
  2. りんご20グラムはいちょう切りにして、塩水につけます。
  3. 鍋にさつまいもとりんごを交互に重ねて、ひたひたの水、バター2グラムを加えて柔らかくなるまで煮ます。

ライスプリン

  1. 牛乳30シーシー、卵半個を混ぜ合わせ卵液を作り、おかゆ80グラムと小さく切ったレーズンを混ぜておきます。
  2. 型にバターを塗り、ライス卵液を入れ、中火で15分程度蒸します。 
お問い合わせ
保健福祉部 健康づくり推進課
〒707-0014 岡山県美作市北山390番地2
電話番号:0868-75-3911
ファックス:0868-72-7702
お問い合わせフォーム