現在の位置

けがの処置ワンポイント

ここでは、家庭でできる簡単なけがの処置についてご紹介します。

すり傷をしたとき

  1.  傷口をよく洗う(強くこすらず、水道の蛇口の下で流れる水の力で洗い流す)
  2.  消毒する
  3.  血が出ているときはばんそうこうやガーゼを貼る
  4.  傷口が深かったり、異物が除去できていないようなときは、そのままにして医療機関で受診する

切り傷をしたとき

  1. きれいなガーゼなどで傷口を強く押さえる(傷口を心臓より高くする)
  2. 消毒する
  3. ガーゼなどで覆う(出血が多いときや傷口が大きいときは受診を)

鼻血がでたとき

  1. 鼻にティッシュをつめ、座らせる(顔を上に向けたり、寝かせたりしない)
  2. 鼻の付け根をつまむ
  3. 鼻筋を冷やす

(補足)保冷剤を冷蔵庫に入れておいて使うと便利ですよ!

頭を打ったとき

すぐに大声で泣き、その後も意識がしっかりしているときは様子をみる。

  1. 冷たいタオルや保冷剤などで冷やす
  2. 24時間子どもの様子をよく見ておく(意識・吐き気・嘔吐・頭痛・食欲・顔色など)

 ふだん通り、元気にしていればまず安心ですが、1~3か月経って頭のことで気になることがあれば、医療機関を受診してください。

注意

陥没しているとき、意識が無い、ぐったりしているときはすぐに受診してください。

火傷をしたとき

  1. 流水で10分~20分冷やす(衣類の上からやけどをしたときは衣類の上から水をかける)
  2. 全身をシャワーで冷やすときは顔色を見ながら行う
  3. 水ぶくれや火傷の範囲が広いとき(500円玉以上の大きさ)は医療機関を受診する

注意

アロエなどの食物は感染症をおこす可能性があるのでつけない。

けいれんをおこしたとき

  1. 体(顔)を横に向け、衣類をゆるめる
  2. 発作の時間をはかる
  3. 熱を測る
  4. 10分以上続くときや、一日に何度も起こすとき、けいれんが治まっても意識がないときはすぐに受診する

注意

口に中に物や指など入れない。口の中に物がある場合は取り出す。

かかりつけ医に相談

心配な時は、一人で判断せずかかりつけ医等に相談しましょう。

お問い合わせ
保健福祉部 健康づくり推進課
〒707-0014 岡山県美作市北山390番地2
電話番号:0868-75-3911
ファックス:0868-72-7702
お問い合わせフォーム