現在の位置

そば粉聖人堂

秋はそばの花が彩るお堂

 

 美作市殿所に佇む小さなお堂。ここは、そば粉聖人堂と呼ばれ、そば粉聖人さまが祀られています。そば粉聖人とは実際に存在した人物の俗称で、明治・大正時代に、世の飢饉や難病を救うべく高木峯次郎(1851年~1918年)という聖人が、体の一部を犠牲にしながらも人々のために祈ったという史実があり、その聖人の供養として、このお堂が立てられ、没後約100年経つ現在でも、地元の方々によって大切に祀られています。

 毎年4月上旬には『そば打ち供養祭』が行われ、そば打ち体験、絵本『美作の国そば粉聖人物語(吉備人出版)』読み聞かせ、コンサートなどが行われています。

 また、毎年10月上旬から中旬にはそばの花が咲き、お堂に彩りを添えています。

 聖人さまが描かれた古い焼印が目をひく、そば粉聖人せんべいや、そば粉聖人蕎麦(乾麺)など、オリジナル商品は、湯郷温泉観光案内所で販売しています。

 

基本情報
名称 そば粉聖人堂
フリガナ ソバコショウニンドウ
住所 707-0064 岡山県美作市殿所
アクセス 中国自動車道美作インターチェンジから車で約10分
県道361号を北上し、木田病院方面の路地へ入り、
「そば粉聖人堂」看板を見ながら車で約3分

 

 

地図情報

お問い合わせ
経済部 観光振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6693
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム