現在の位置

鎌坂峠

竹林が誘う武蔵ゆかりの峠道

鎌坂峠 因幡街道で山陰の因州鳥取と山陽の藩州赤穂を結ぶ要衝だった峠。古い文献には釜坂、鴨坂、加茂坂とも記されています。
 少年武蔵が佐用・平福の母のもとへ何度も通ったのがこの坂道です。
 後醍醐天皇が隠岐脱出の際にこの峠を越えて京都へ向かったと伝えられ、また鳥取藩池田候の参勤交代のコースでもありました。人っ子一人通らない坂道にしては道幅が広く、江戸時代から整備されていた事が伺えます。
 竹林を抜けて頂上につくと、2件の峠茶屋跡の広場があり、かつての参勤交代一行の休憩場所でもありました。
 

基本情報
名称 鎌坂峠
フリガナ カマサカトウゲ
住所 〒707-0415 岡山県美作市宮本
電話番号 0868-78-3111 (大原総合支所)
お問い合わせ
経済部 観光振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6693
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム