現在の位置

後山大護摩供養

   行基や空海、宮本武蔵が修行したと伝えられ、行者山としても知られる後山で、毎年9月7日・8日の2日間、柴燈大護摩供養(さいとうだいごまくよう)が営まれます。
全国から集まった修験者が、錫杖(しゃくじょう)を打ち鳴らし般若心経を唱えながら、火を焚き上げ、辺りは荘厳な空気に包まれます。参拝に訪れた人は護摩木に思いをつづり納めます。
 


 道仙寺とは真言密教の霊山・後山を代表する本坊で、護摩堂と神変大菩薩坐像が安置された観音堂から成ります。この大護摩供養は、道仙寺(どうせんじ)の奥の院、護摩堂の2カ所で行われます。奥の院へ行くには、護摩堂から母護堂を経由し、行者道を上ってたどり着きますが、母護堂から先は現在も女人禁制とされています。 
   


【開催日時】
毎年9月7日 10時・13時、 8日 10時

 

基本情報
名称 後山大護摩供養
フリガナ ウシロヤマギョウジャサン ダイゴマクヨウ
所在地 岡山県美作市後山965(護摩堂)
岡山県美作市後山59(道仙寺)
アクセス 鳥取自動車道 大原インターチェンジから車で20分
西粟倉インターチェンジから15分
電話番号 0868-78-3419 (道仙寺)
公式サイト http://dousenji.jpn.org/

 

地図情報

お問い合わせ
経済部 観光振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6693
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム