中山間地域等直接支払制度の実施状況(平成28年度)

中山間地域等直接支払制度とは

  • 「傾斜がきつくて農地を広くできない」
  • 「農地が狭くて大きな機械で作業ができない」
  • 「法面が広くて草刈りが大変」

 など、農業生産条件が不利な地域において、集落単位で5年以上農業生産活動を続けることを約束した農業者に対して交付金を交付する制度です。

対象となる地域、農地

特定農山村法、山村振興法、過疎法離島振興法で指定された地域内の農振農用地で1ヘクタール以上の面的なまとまり又は営農上の一体性のある農用地で、農用地の勾配が、田で100分の1以上,畑で8度以上となる農地

対象行為

集落協定に基づき、5年間以上継続される農業生産活動

対象者

集落協定にもとづいて、5年間以上継続して農業生産活動を行う農業者等が対象

交付単価(10アール当たり)

田の場合
傾斜区分 8割単価(円) 通常単価(円)
急傾斜 16,800円 21,000円
緩傾斜 6,400円 8,000円

 

畑の場合
傾斜区分 8割単価(円) 通常単価(円)
急傾斜 9,200円 11,500円
緩傾斜 2,800円 3,500円

交付期間

平成27年度から平成31年度

集落協定の概要

平成28年度の集落協定の締結状況は以下のとおりです。各集落に交付された交付金は、「水路・農道等の維持管理」、「周辺林地の下刈り、景観形成等の管理(多面的機能の確保)」、「獣害対策による防護柵の設置」、「共同利用機械の購入」などのために交付金の半分程が集落の共同取組活動費用として充てられています。

集落協定:81協定

協定参加人数:1,921人

個別協定:1協定(農事組合法人赤田営農センター)

農業生産活動等の実施状況

  • 農用地の管理(農地法面の点検等)
  • 水路・農道等の管理
  • 多面的機能を増進する活動(周辺林地の下草刈、堆きゅう肥の施肥、景観作物の作付等 )

生産性の向上・収益の向上担い手の定着等に関する取組状況

  • 共同機械の購入、利用及び農作業の共同化
  • 認定農業者の育成
  • 担い手への農用地の集積

平成28年度の市内各集落の対象面積及び交付額は関連ファイルのとおりです。

各協定の対象面積と金額(EXCEL:41KB)

農林水産省 中山間地域等直接支払制度の事業概要

お問い合わせ
経済部 農業振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6694
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム