後期高齢者医療

後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の人全員と一定の障害がある65歳の人で申請により認定された人が加入する高齢者の医療制度です。この制度は、岡山県すべての市町村が加入する岡山県後期高齢者医療広域連合が運営全般を行います。

対象者

  • 75歳以上の人全員
  • 65歳から74歳までで一定の障害があり申請することで広域連合の認定を受けた人

一定の障害とは

  • 身体障害者手帳1級から3級、4級の一部(音声、言語、下肢に関する障害の一部)
  • 療育手帳の重度障害(A)(重度の知的障害)
  • 精神障害者手帳の1級、2級
  • 国民年金の障害年金1級、2級

保険証

被保険者一人に1枚保険証が交付されます。毎年8月1日付けで更新します。

資格取得日

75歳を迎える人

75歳の誕生日(75歳の誕生日までに郵送でお渡しします)

65歳から74歳までで一定の障害がある人

広域連合の認定を受けた日

他県からの転入したとき

転入日

生活保護を受けなくなったとき

保護廃止日

お医者さんにかかるとき

所得区分と自己負担割合

所得によって次の4つの区分に分かれます

現役並所得者 「3割」

住民税課税所得(各種控除後)が145万円以上ある被保険者と同じ世帯にいる被保険者。

ただし、収入合計額が基準額未満の場合申請することにより「1割」負担になります。

1人 383万未満

2人以上 520万未満

注:世帯内の70歳以上75歳未満の人も含む

一般 「1割」

現役並み所得者、低所得者2、低所得者1以外の人

低所得者2  「1割」

世帯全員が住民税非課税の人(低所得者1以外の人)

低所得者1 「1割」

世帯全員が住民税非課税で世帯全員の所得(年金の所得は控除額80万円として計算)を差し引いたとき0円となる人及び老齢福祉年金受給者

医療費が高額になったとき

1ヶ月(同じ月内)の医療費が自己負担額を超えてしまった場合、高額療養費として支給されます。低所得者2・低所得者1の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要となります。

自己負担限度額(月額)

現役並所得者 「 3割」

外来(個人単位) 57,600円

外来と入院(世帯全員) 80,100円 + (医療費-267,000円) × 1パーセント(注1)

注1:過去12か月以内に「外来+入院」の自己負担限度額を超えた高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降の自己負担限度額は44,400円となります。

一般  「1割」

外来(個人単位) 14,000円(注2)

外来と入院(世帯全員) 57,600円(注3)

注2:毎年8月〜翌年7月が対象となります。

注3:過去12か月以内に「外来+入院」の自己負担限度額を超えた高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降の自己負担限度額は44,400円となります。

低所得者2 「1割」

外来(個人単位) 8,000円

外来と入院(世帯全員) 24,600円

低所得者1 「1割」

外来(個人単位) 8,000円

外来と入院(世帯全員) 15,000円

入院したときの食事代

低所得者2低所得者1の人は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要となります。

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

現役並所得者 「3割」

360円

一般 「1割」

360円

低所得者2 「1割」

210円(90日までの入院)

160円(過去12ヶ月で90日を超える入院)

注:低所得者2の認定期間内の入院が90日を超えた場合に改めて申請することで、1食あたり160円になります。

低所得者1 「1割」

100円

高額医療・高額介護合算療養費制度について

医療と介護保険のどちらの制度にも自己負担金を支払っていて、1年間の自己負担金の合計が自己負担額を超える場合に各保険者から高額介護合算の申請により支給されます。

自己負担限度額(年額 8月から翌年7月)

現役並所得者 3割

67万円

一般 1割

56万円

低所得者2

31万円

低所得者1

19万円

葬祭費の支給

被保険者が死亡したときは、葬祭執行者(喪主)に対して葬祭費5万円が支給されます。ただし、葬祭を行った日の翌日から2年を経過すると、時効により支給できませんのでご注意ください。

保険料

保険料の決まり方

一人当たり年間保険料(限度額57万円)

均等割額 + 所得割額{(所得 - 33万円) × 所得割率}

保険料率(平成28・29年度)

均等割額

49,200円

所得割率

9.87パーセント

注:保険料率は、2年ごとに見直されます。

所得とは、雑(年金)所得、事業所得、給与所得、壌渡所得などの合計額をいいます。

保険料の軽減

均等割額の軽減

9割軽減

33万円(基礎控除額)を超えない世帯で、被保険者全員の所得(年金の所得控除額は80万円として計算)が0円

8.5割軽減

33万円(基礎控除額)

5割軽減

33万円(基礎控除額) + 27万円 × 被保険者数

2割軽減

33万円(基礎控除額) + 49万円 × 被保険者数

所得割額の軽減

賦課のもととなる所得金額が58万円以下の人は、所得割額が2割軽減となります。

会社の健康保険の被扶養者であった人

被保険者となった前日に会社の健康保険の被扶養者であった方は、均等割額が7割軽減され、所得割額はかかりません。

保険料の納め方

特別徴収

年金から保険料を天引きされます。

希望すれば口座振替の方法による納付に変更することができます。

普通徴収

現金又は口座振替(手続き必要)のどちらかで納めます。

納め忘れがなく便利な「口座振替制度」をお勧めします。

保険料は、原則として年金から天引きされますが、年金額が18万円未満の方、75歳になられた方、転入をされた方などは、しばらくの間、年金から引き落とされず、納付書や口座振替で納めていただくこととなります。

関連リンク

岡山県後期高齢者医療広域連合

お問い合わせ
市民部 市民課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-0926
ファックス:0868-72-8091
お問い合わせフォーム