平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

 現在の国民健康保険は、市町村ごとに運営していますが、平成30年4月からは県と市町村がともに共同保険者となって運営する形に変更されます。

県が国保運営に加わる理由

 この10年で、70歳以上の高齢者数は1.3倍に、国民医療費は1.3倍になりました。団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には、国民医療費はさらに1.5倍と、ますます増える見込みです。国民皆保険を将来にわたって守り続けるため、平成30年4月から、これまでの市町村に加え、都道府県も国民健康保険制度を担うことになりました。

県と市町村それぞれの役割

 

県と市町村それぞれの役割
県の役割

市町村の役割

 財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効果的な事業の確保など国保運営の中心的な役割を担います。

  • 国保運営方針(県内の統一的な方針)の策定
  • 給付費用を市町村へ交付 等

 加入者(被保険者)に身近な事業を引き続き実施する役割を担います。

  • 資格管理(保険証の発行)
  • 保険税(料)率の決定
  • 保険税(料)の賦課・徴収
  • 特定健診、特定保健指導の実施 等

市役所・支所の窓口業務

 届出や申請受付、保険税の賦課・徴収は、これまでどおり市が行います。

医療機関への受診のしかた

 医療の受け方は変わりません。医療機関へ受診の際は、これまでどおり保険証や受給者証などを提示してください。

保険証について

 今お持ちの保険証は、平成30年4月以降も有効期限までは使用できます。有効期限以降も引き続き国保へ加入されている方には、更新時に保険証を郵送でお送りいたします。

 今回の改正により、都道府県単位で国民健康保険被保険者の資格を管理することになり、県内の他の市町村へ転出した場合でも資格は継続されます。ただし、保険証は市町村ごとに交付しますので、これまでどおり、転出前の市町村へ保険証を返却し、転出先の市町村で保険証の交付を受ける必要があります。

お問い合わせ
市民部 市民課 国保年金係
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-1143
ファックス:0868-72-8091