下水道の正しい使い方

下水道は、皆さんが使用して汚れた水をきれいにするための施設です。しかし、なんでも流せるという訳ではありません。

お願い

質の悪い汚水や固形物を流すと敷地内の排水設備が機能しなくなり、思わぬ出費が必要になったり、処理場などに悪影響を与え、皆さんに負担していただく使用料が高くなる原因にもなります。下水道は、生活環境をより良くするために子孫まで引継ぐ重要な財産です。ひとりひとりが正しく使っていただくようお願いします。

台所のゴミ、食用廃油は流さない。

野菜くずや残飯、天ぷら油等の廃油は、管を詰まらせる原因になります。
使用済の天ぷら油等は市販の薬品で固めて、燃えるゴミとして処分して下さい。

洗剤の利用は石けんを。

合成洗剤は、微生物で汚水を処理している処理場の機能に支障をきたします。合成洗剤はやめて石けんを使うようにしましょう。

トイレの水は適正な量で。

排泄物を流すためには、適正な水量が必要です。水の量を抑えるような使い方をすると、管が詰まる原因になります。

水洗トイレには溶ける紙を。

水に溶けない紙や紙おむつ、たばこ、ガム、ビニ-ル、ゴムなどを流すと詰まりの原因となります。また、ティッシュペ-パ-も水に溶けにくいので使用しないで下さい。

アルコ-ルやガソリンなどは流さない。

アルコ-ル、ガソリン、灯油、シンナ-などを流しますと、管の中でガス化して爆発をおこすことがあります。絶対に流さないで下さい。

  • 余った灯油やガソリンは、ガソリンスタンドで処分してください。

☆下水道管の近くには植樹しない。

下水道管の近くに植樹すると、管に樹根が侵入し詰まりや破損の原因となります。

お問い合わせ
環境部 下水道課
〒707-0062 岡山県美作市湯郷932
電話番号:0868-72-6700
ファックス:0868-72-6701
お問い合わせフォーム