離乳とは

離乳とは、お乳だけに頼っていた赤ちゃんになめらかにすりつぶした状態の食べ物を与えはじめ、次第に食物の固さと量、種類をふやして幼児食に近づけていくことをいいます。この時期の食事を離乳食といいます。

離乳の開始時期

 5~6か月ぐらいになると、赤ちゃんは大人が食べる様子に興味を示します。その頃が離乳を始めるよい時期といえます。しかし、早すぎると下痢や便秘、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を増長させることになります。

果汁について

 離乳開始前の乳児にとって、最適な栄養源は乳汁(母乳、育児用ミルク)です。「離乳開始前に果汁を与えることについて」の栄養学的な意義は認められていません。母乳、ミルク以外の味に慣れるのは離乳を開始してからで十分です。

離乳の進め方のポイント

 進め方については、赤ちゃんの個人差を考えましょう。はじめは、なめらかで、薄味のものを少量から始めましょう。少し慣れたら量や固さ、食品の種類や味付けに配慮していきます。
 離乳は18か月頃までには完了しましょう。

お問い合わせ
保健福祉部 健康づくり推進課
〒707-0014 岡山県美作市北山390番地2
電話番号:0868-75-3911
ファックス:0868-72-7702
お問い合わせフォーム