小説『透き通った風が吹いて』

切なくもさわやかな、高三の夏。

児童文学、青春小説で知られる美作市出身のベストセラー作家、あさのあつこさんによる、地元・美作市を舞台にした書き下ろし小説が文藝春秋から発売されています。

全国の書店発売中です。ぜひお買い求めください。


『透き通った風が吹いて』透き通った風が吹いて
著者:あさのあつこ
出版:文藝春秋
価格:1,100円+税

 

<作品紹介>
 誰のことより、自分のことが分からない

 野球部を引退したばかりの渓哉は未来を前に立ち竦んでいた。モラトリアムの季節を前にした高校生の逡巡を丹念に描く、傑作青春小説。

 

 

 

 

 

<作家 あさのあつこ氏>
 1991年「ほたる館物語」で作家デビュー、1997年にベストセラー小説「バッテリー」で野間児童文芸賞を受賞、その後、次々と賞を受賞されており、2012年には日本放送協会放送文化賞を受賞されました。2013年には、美作国建国1300年記念事業として、初の本格ミステリー推理小説『美作は謎に満ちて』を執筆。美作国を舞台とした内容となっており、多くの方々に美作の地へ訪れていただきました。現在もなお、美作市を拠点として精力的に執筆活動を続けていらっしゃいます。

 

透き通った風が吹いて
名称 透き通った風が吹いて
著者 あさのあつこ
住所 岡山県美作市
公式サイト 文藝春秋BOOKS

 

 

 

お問い合わせ
経済部 観光振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6693
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム