現在の位置

宮原獅子舞

宮原獅子舞

約300年の伝統ある獅子舞

毎年10月第2土日に天曳神社へ奉納される宮原獅子舞。約300年前に藩州赤穂より伝わったといわれています。笛や太鼓の囃子にあわせて天狗、踊り子、ひょっとこ、お多福など登場する全18演目の神楽が伝わっており、神輿も練り歩く華やかな伝統芸能です。社会情勢の影響で昭和34年に中断されましたが昭和55年に保存会を結成・再興され、昭和61年には岡山県重要無形文化財に指定されました。

 

基本情報
名称 宮原獅子舞
日時 平成29年10月7日土曜日、10月8日日曜日
宵宮
(土曜日の夜開催)
時間 午後7時から
場所 天曳神社 境内(岡山県美作市宮原1044)
注:雨天時は獅子舞伝承館
本宮
(日曜日の昼開催)
時間 午後1時から
場所 五名御旅所(岡山県美作市五名1263吉野公民館前の広場) 注:雨天時は旧吉野小屋体
演目 一、神楽(鼻高)
二、道引
三、悪魔切(鼻高)
四、八州(踊り子)
五、赤穂八州(奴)
六、伊勢節(踊り子)
七、洞
八、赤穂洞
九、吉野
十、次獅子
十一、荒獅子
主催 宮原獅子舞保存会

地図情報

お問い合わせ
経済部 観光振興課
〒707-8501 岡山県美作市栄町38番地2
電話番号:0868-72-6693
ファックス:0868-72-8094
お問い合わせフォーム